楽天やアマゾンなどの通販で人気になっていたり、話題になっている商品やサービスを紹介しています!

クワトロstとクワトロプレミアムWの違いや口コミ!【エールベベサラット3ステップ】

エールベベサラット3ステップクワトロST
エールベベサラット3ステップクワトロSTとクワトロプレミアムWの違いを紹介します。

また、クワトロシリーズでよく言われている口コミなどもまとめました。

クワトロSTとクワトロプレミアムWは、

クワトロプレミアムWにはサポートクッションが付いている
クワトロプレミアムWはパーツを洗濯機で洗える

という違いがあり、クワトロプレミアムWのほうが上位商品となっています。

口コミでは、「軽くて扱いやすく取り付けがとっても簡単」とか「肩ベルトがないから子供が嫌がらない」と評判です。

この他に、どのようなところにデメリットを感じているのかや、どこで購入するのがいいのかなどは、記事中で詳しく紹介しますね!

肩ベルトを嫌がる子供でもこれなら嫌がらないと評判です↓

ヘッドレストまで頭が届かないお子さん向けにサポートクッションが付いてます↓

クワトロSTとクワトロプレミアムWの違い

エールベベサラット3ステップクワトロSTとクワトロプレミアムW
エールベベサラット3ステップのクワトロSTとクワトロプレミアムWでは何が違うのか、詳しく紹介します。

クワトロプレミアムWにはサポートクッションが付いている

エールベベサラット3ステップクワトロプレミアムWに付いているサポートクッション
サポートクッションというのは、ヘッドレストまで頭が届かないお子さんの頭を支えるクッションです。

これはクワトロプレミアムWのほうにしか付いていません。

ヘッドレストを上げて、サポートクッションの紐をヘッドレストバーに結びつけて使います。

ヘッドレストと背もたれの中間くらいにサポートクッションが付くイメージです。

サラット3ステップシリーズは、目安としては1歳頃から使えて、身長は75cm~、体重は9kg~ということになっています。

年齢は達しているけどまだお子さんが小柄な場合、サポートクッションが付いているクワトロプレミアムWのほうがいいでしょう。

クワトロプレミアムWはカバーを洗濯機で洗える

エールベベサラット3ステップシリーズは、ヘッドレストや背もたれ、座面などのカバーを取り外して洗うことができます。

ただ、クワトロSTは手洗いのみ可能ですが、クワトロプレミアムWは洗濯機で洗うことができます。

※弱水流モードなどで洗濯機ネットを使用

洗う手間を考えた場合は、クワトロプレミアムWのほうがラクですよ!

カラー展開が違う

クワトロSTは、ブラックとスカーレットブラック。

クワトロプレミアムWは、ナチュラルダークグレー、ナチュラルグレー、デニムブルー、ブラックライム(トイザらス、ベビーザらス限定カラー)のカラーがあります。

クワトロSTのほうは、多少目立つラインが入っていてカッコイイ感じ。

それに対してクワトロプレミアムWのほうは、色合い的にも全体的に落ち着いた雰囲気です。

プレミアムWに関しては公式サイトには載っていない限定カラーを販売しているお店もあるので、購入情報のところで詳しく紹介しますね!

クワトロSTとクワトロプレミアムWの仕様比較表

 クワトロSTクワトロプレミアムW
対象年齢1才から11才頃1才から11才頃
身長目安75cmから145cm75cmから145cm
対象体重9kgから36kg9kgから36kg
サイズ(幅×奥行×高さ)440×405×660mm440×405×660mm
重量5.1kg5.2kg
リクライニング5~20度5~20度
サポートクッション×
お手入れ方法手洗い洗濯機(弱水流モード等で洗濯ネットを使用)

肩ベルトを嫌がる子供でもこれなら嫌がらないと評判です↓

ヘッドレストまで頭が届かないお子さん向けにサポートクッションが付いてます↓

クワトロSTやクワトロプレミアムWの口コミ

エールベベサラット3ステップクワトロSTやクワトロプレミアムWで、よく言われているメリットやデメリットについての口コミをまとめました。

デメリット

子供が小さいと埋もれ気味になる

まだちょうど1歳くらいだったり、小柄なお子さんの場合、インパクトシールドをすると子供が埋もれ気味になります。

だからといって子供が嫌がるという話はほとんどありませんが、親から見るとなんとなく不安な感じに見えるのでしょう。

それに、足の部分にすき間ができるので、どんどん埋もれていってしまうという口コミがありました。

また、顔の近くにインパクトシールドがくるので、飲み物を飲ませようとしたり、自分で飲もうとするのは少し難しいという意見もあります。

この辺は子供が成長するにつれて解消されていきますが、小さいお子さんの場合、サイズ的にまだ少し合わないことがあるというのは知っておいたほうがいいでしょう。

インパクトシールド使用時の適応条件としては、「体重9kg以上、身長75cm以上あり、腰が据わり、一人でお座りができるお子さま」ということになっています。

また、子供のあごがインパクトシールドに隠れる場合は、適応条件に当てはまる体格になってから使用して下さいということですので、その辺も注意しておきましょう。

子供が乗っていないときも固定する必要がある

一般的なチャイルドシートは、最初にシートベルト(またはISOFIX)でガッチリ固定するので、チャイルドシートは常に固定されている状態です。

それに対してサラット3ステップクワトロは、子供が乗る都度シートベルトで固定する商品です。

ですので、子供が乗っていないときは、チャイルドシートが固定されていない状態になります。

そういう状態で運転すると、ブレーキを踏んだときなどにチャイルドシートが車内を転がったりしてとても危険です。

口コミでも、「急ブレーキでシートが吹っ飛びます」と言う人が数人いました。

クワトロの説明書でも、子供が乗っていないときでもシートベルトで固定するか、あるいはトランクにしまうよう書かれています。

少々面倒でも運転に支障をきたすこともあるので、その辺はしっかり守って使いましょう。

メリット

軽いし、取り付けが簡単!

エールベベサラット3ステップシリーズの設置方法

サラット3ステップクワトロSTの口コミで多いのが、軽くて扱いやすいというのと、取り付けが簡単という意見です。

他の一般的なチャイルドシート(シートベルトで固定するタイプ)だと、車に取り付けるのに説明書がよく分からないとか、少し苦労することもあります。

その点、サラット3ステップは3ステップなので、

1.子供がサラットに座る
2.インパクトシールドを乗せる
3.車のシートベルトを通す

これだけで、子供を乗せたまま取り付けることができます。

その都度固定する必要があるわけですが、その操作はとっても簡単です。

「大人が車に乗ってシートベルトをするのと同じ」とまでは言いませんが、感覚的には似たようなものです。

ここまで簡単だと、載せ替えのときなどに大きなメリットを発揮します。

通常のチャイルドシートだと、せっかく固定したシートを外し、載せ替える車にまたしっかりとチャイルドシートを固定するという作業が発生します。

サラット3ステップなら、シートだけ移動させて(軽いから持ち運びもしやすい)、あとは子供が座って、インパクトシールドを乗せて、シートベルトを通して固定するだけです。

設置方法がすごく簡単なので、親の負担も減りますよ!

肩ベルトを嫌がる子供にピッタリ!

サラット3ステップクワトロSTは、チャイルドシート時(1才~4才)にはインパクトシールドが固定する形になるため、肩ベルトがありません。

なので、「肩ベルトのチャイルドシートだと嫌がったり、よく脱走していたんだけど、サラット3ステップにしたら素直に機嫌よく乗ってくれるようになった」という口コミが本当に多いです。

もちろん、「うちの子は肩ベルトが嫌なのでインパクトシールドにしてみたけど、どちらにしてもギャン泣きだった」なんていう意見もあります。

また、「最初は嫌がったけど、何度か乗っているうちに嫌がらなくなった」というような意見もあります。

ただ、肩ベルトだと嫌がったけど、インパクトシールドにしたら泣くこともなく乗ってくれるようになった」というような意見が圧倒的に多いです。

なので、基本的には肩ベルトが嫌なお子さんの場合、サラット3ステップのほうが合っている傾向にあると思いますので、そのようなお子さんにはおすすめです。

肩ベルトを嫌がる子供でもこれなら嫌がらないと評判です↓

ヘッドレストまで頭が届かないお子さん向けにサポートクッションが付いてます↓

サラット3ステップ対応車種

サラット3ステップシリーズの対応車種は、カーメイトの車種別適合情報というページがあるのでそちらで確認しましょう。

カーメイト車種別適合情報

ページを見ますと、「クルマから選ぶ」と「製品から選ぶ」の2つの調べ方があります。

どちらでもいいんですが、ここでは「クルマから選ぶ」方法を簡単に説明しますね。

まず、「クルマから選ぶ」をクリックします。

そうしますと、「ア」、「イ」、「ウ」、「エ」、「オ」のように50音が表示されるので、例えばトヨタのアクアだったら、「ア」をクリックして出てきた車名の中から「アクア」を探してクリック。

または、50音の下にメーカー名が表示されているので、「トヨタ」をクリックしてその中から「アクア」を探してクリックして下さい。

そうすると、「アクア」の車が表示されて、その下に「適合検索結果ジャンル」というのが表示されます。

その中から「チャイルドシート」をクリックしましょう。

車の年式を選ぶ画面になるので所有している車の年式の1番右の欄にある「詳細」ボタンをクリックします。

カーメイトのチャイルドシートがいくつか表示されるので、その中から「ALC200/AM200シリーズ 【シートベルト取付タイプ】サラット3ステップ(クワトロ含む)」のところの適合結果をチェックして下さい。

「使用できます」となっていればOKです。

サラット3ステップクワトロシリーズをどこで購入する?

エールベベサラット3ステップクワトロプレミアムWの限定カラー
クワトロSTやクワトロプレミアムWをどこで購入するのがいいのか。

私が確認した時点では、クワトロSTもクワトロプレミアムWも、メジャーなネットショップ中ではアマゾンが少しだけ安かったです。

ただ、ポイント還元を考えると楽天のほうがお得ですし、価格は変動することがあるので購入時に両方チェックするのが確実です。

また、クワトロプレミアムWに関しては、楽天にある「ネットベビーワールド」というショップを必ずチェックして下さい。

このお店には限定カラーがあります。

※ヤフーショッピングにも出店していますが、こちらもポイント還元率を見ると楽天のほうがお得です

公式サイトに載っているクワトロプレミアムWのカラーは、ナチュラルダークグレー、ナチュラルグレー、デニムブルー、ブラックライム(トイザらス、ベビーザらス限定)です。

ネットベビーワールドでは、それに加えてナチュラルブラックとアクティブグレーの2色があります。

選べる選択肢が多いのでおすすめですよ!

肩ベルトを嫌がる子供でもこれなら嫌がらないと評判です↓

ヘッドレストまで頭が届かないお子さん向けにサポートクッションが付いてます↓

まとめ

サラット3ステップクワトロシリーズは、インパクトシールドを使用し、取り付けがとっても簡単なチャイルドシートです。

肩ベルトをしないので、肩ベルトを嫌がったり、しょっちゅう脱出してしまうお子さんでも、嫌がらず乗ってくれると評判です。

一応目安は1歳~となっていますが、まだ小柄なお子さんの場合は埋もれた感じになってしまったり、インパクトシールドと顔の位置が近すぎて飲み物を飲ませられないなどの支障が出ることがあります。

なので、購入前には身長目安:75cmから145cmや対象体重:9kgから36kgも気にした方がいいと思います。

ただ、その辺は子供が成長するにつれて解消されていくので、リーズナブルな値段と扱いやすさという点ではとってもおすすめですよ!

肩ベルトを嫌がる子供でもこれなら嫌がらないと評判です↓

ヘッドレストまで頭が届かないお子さん向けにサポートクッションが付いてます↓

関連記事

ブログランキング

ポチっと応援よろしくお願いします^^




にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村