楽天やアマゾンなどの通販で人気になっていたり、話題になっている商品やサービスを紹介しています!

リトルキディーズレインカバー後ろ用の口コミや取扱店!

リトルキディーズレインカバー後ろ用
リトルキディーズレインカバー後ろ用の口コミをまとめました。

メリット・デメリットや、どこで買えるのか取扱店などの情報についても詳しく紹介しますね!

リトルキディーズレインカバー後ろ用は、「子供が喜んで乗ってくれる」とか「作りがしっかりしていて丈夫」と口コミでも評判です。

商品は全国の正規販売代理店か、ネット通販では楽天のみ扱っています。

対応している自転車でも、別売りの部品が必要なものもあるので、その辺も詳しく見ていきますね!

ネットでは楽天でのみ販売を行っています↓

リトルキディーズレインカバー後ろ用の口コミ

リトルキディーズレインカバー後ろ用について、楽天の口コミからメリットやデメリットをまとめました。

最新のver.3+(スリープラス)はまだ口コミが少ないので、ver.3の口コミも参考にしています。

ちなみにver.3+(スリープラス)は、ver.3に比べ以下の3つの点がリニューアルしています。

1.世界安全基準を満たした高機能ビニールフィルム
2.透明ビニールとの接合部を徹底補強し強度がアップ
3.屋根のオープン時にフックで固定できるよう操作性を向上

デメリット

製品特融のシワやキズ

梱包時のビニールのシワも1週間も使えば気にならなくなりました。

出典:楽天市場

シワの取り方も出ているけれど、自分は気にせず装着。気温があたたかくなってきて、自然にシワが伸びることを期待してます。

出典:楽天市場

製品のシワやキズに関しては、商品の販売ページでも「購入前に必ず読んでください」と注意書きが書かれています。

簡単に言ってしまうと、「ビニール部分のシワに関しては製品の特性上仕方がないので、その点を了承できる人だけ購入して下さいね」というものです。

ただ、商品を購入するとビニールのシワの取り方の説明があります。

また、使っているうちに気にならなくなってくることは期待できます。

※ビニールは気温が低いと硬くなるので、暖かいほうが目立たなくなるのが早いです

例えば、他にもラボクルという人気のレインカバーがありますが、こちらも注意書きに、ビニール部分に凸凹跡が見られる場合があると書かれています。

なので、シワに関してはある程度仕方がないという前提で購入したほうがいいですよ!

別売りオプション部品が必要な機種あり

リトルキディーズレインカバーver.3+後ろ用の別売りオプション部品
リトルキディーズレインカバー後ろ用は、取り付けできる自転車の中でも、別売りのオプション部品が必要(またはあったほうが良い)なものがあります。

オプション部品自体は500~600円程度のものなんですが、それぞれ専用の部品となっているので注意が必要です。

例えばヤマハのグランディア専用となっていたり、OGKのRBC-009S専用という感じです。

販売ページでは各チャイルドシートの写真があり、クリックすると専用の別売りオプションの画面が表示されるようになっています。

また、パナソニックギュットクルームリアシートは、オプション部品が必須ではないですが、あったほうが良い商品です。

標準部品だけだと、ヘッドレストを最も高く設定する必要があり、シートベルトの高さ調節もできなくなってしまいます。

この辺のことも販売ページに詳しく書かれているので、クルームリアシートを使用している方は注意して見て下さいね!

乗せ降ろしいついての賛否

子供の乗せ降ろしについては、乗せ降ろしがラクという意見がある一方で、手間だと感じる人もいます。

これについては、メーカーで乗せ降ろしの仕方の動画を公開しているので、見てもらうのが手っ取り早いです。

レインカバーの屋根が開いている時と閉まっているときの乗車方法が説明されていて、慣れてしまえばそんなに難しいことはないとイメージできると思います!

以下の動画を見れば、乗せ降ろしがさほど難しくないことが分かります↓

ビッケの後部座席への乗車方法

ギュットアニーズの後部座席への乗車方法

メリット

・視界がクリア、中も広めで圧迫感がないから子供が嫌がらない
・商品がしっかりしていて、ふにゃっとヘタらない
・寒さ対策にもなる
・壊れた部分だけパーツを購入できる
・デザインがおしゃれ

リトルキディーズレインカバー後ろ用は、値段が高いだけあって「作りがしっかりしている」とか「慣れれば子供の乗せ降ろしがしやすい」と満足している方が多いです。

ただ、この商品の口コミを古いバージョンからずっと見ていて一番のメリットだと思うのは、「子供が嫌がらない」とか「喜んで乗ってくれる」ということ。

他のレインカバーだと、リトルキディーズほど視界が広くなかったり、中の空間もそれほど広くないということがあります。

そうすると、圧迫感があることで、乗りたくないというお子さんも多いんです。

雨の日にいざ乗せていこうと思ったら、だだをこねて乗りたがらない・・・けっこうつらいですよね(汗)

そこで、リトルキディーズのレインカバーにしてみたら、視界も広く、中も圧迫感がないことで、喜んで乗ってくれるという意見が多いんです。

中には「雨が降っていないのに、レインカバーをして欲しいと子供が言ってくる」なんていう口コミもありました。

子供の表情が見えやすいので、運転する側からしても安心できる点も大きいと思います。

また、壊れた場合でも、壊れた部分だけパーツを交換できるのもポイントが高いです。

そもそも安い買い物ではないので壊れずにずっと使えれば一番いいんですが、万が一壊れたときにまた買い替えるのはためらわれる金額でもありますよね。

その点、リトルキディーズのレインカバーはいくつかのパーツの組み合わせでできていて、パーツ毎に販売されています。

なので、壊れた部分のパーツだけを買い替えればいいので、経済的だし長く使えますよ!

ネットでは楽天でのみ販売を行っています↓

レインカバーはつけっぱなしにできる?

冬は防寒にもなるのでいいんですが、夏はさすがにつけっぱなしだと暑いから無理という意見がありました。

そこで新しく登場したのがサンシェードです。

※サンシェードは季節限定で販売されています

遮光性と通気性を両立した高強度のメッシュ生地になっていて、色褪せにも強い素材でできています。

また、全部かぶせてしまうと子供が嫌がることもあるので、開け具合が自由にできるようクリップで固定できるようになっています。

サンシェードがあれば、直射日光にも対応できますよ!

ただ、レインカバーをつけっぱなしにしておく場合は、自転車の置き場所に気を付けて下さい。

というのも、レインカバーを直射日光にさらされる屋外に長時間放置しておくと、紫外線の影響で色褪せや素材劣化など、製品寿命が著しく低下することがあります。

もし、置き場所が決まっていて直射日光が当たるような場所でしたら、多少面倒でもつけっぱなしにせず、使用する都度自転車に装着するようにしたほうがいいですよ!

身長はどれくらいまで?

レインカバーを買ったら、できるだけ長く使いたいですよね。

リトルキディーズのように値段もややお高い商品ならなおさらです。

基本的にどれくらいの身長まで使える設計かというと、後ろ用は115cmまでになっています。

文部科学省で公表している「学校保健統計調査報告書」(5歳~17歳が対象)というものがあるんですが、それによると令和元年度の5歳の男の子の平均身長が110.3cm、5歳の女の子は109.4cmです。

なので、後ろ用に関してはだいたい5歳くらいまでは使えるということです。

平均身長から考えると、リトルキディーズレインカバー後ろ用の使用期間の目安は以下のように考えるといいですよ!

後ろ用:2歳~5歳くらいまで

高さ調整について

リトルキディーズレインカバーver.3+後ろ用の高さ調整
リトルキディーズレインカバー後ろ用は、Low・Mid・Highの3段階の高さ調整ができます。

高低差は最大約10cmです。

成長に合わせて、中の空間を適度な広さに保つことができます。

盗難防止について

リトルキディーズレインカバー盗難防止の説明
リトルキディーズの口コミを見ると、盗まれてしまったという方もいます。

値段もそれなりのものなので、盗まれたらすごくショックですよね。

レインカバーには盗難防止のためのワイヤーロックホールが付いていて(ワイヤーロックは付属しません)、直径15mm以下のワイヤーロックが使えます。

取り付け方

リトルキディーズレインカバー後ろ用の取り付けに関しては、少々てこずったという方もいますが、きちんと説明書を読めば大丈夫だったという人が多いです。

ただ、ビッケやギュットアニーズについて取り付け動画が用意されています。

取り付けなどに苦手意識がある方は、動画を見ておくとスムーズに取り付けられますよ!

こちらが装着方法の動画です↓
ビッケの装着方法(リア用)

ギュットアニーズの装着方法(リア用)

リトルキディーズ後ろ用の対応機種

リトルキディーズレインカバー後ろ用は、海外製のチャイルドシートに対応しているものもあり、わりと幅広く取り付けできます。

ただ、注意したいのは、取り付けができるチャイルドシートでも、別売りのオプション部品が必要なものがあること。

また、オプション部品が必須ではないけど、そのまま取り付けるとチャイルドシートの機能が制限されてしまうので、部品も買ったほうが良いものがあります。

以下の対応機種一覧で「別売りオプション推奨」とか「別売りオプション必要」となっているものは、注意して下さい。

販売ページにはチャイルドシートの画像付きで詳しく書かれているので、そちらで必ず確認しましょう!

 リトルキディーズ後ろ用の対応可否





・ビッケ用 RCS-BKS(2、3、4)
・ビッケポーラー用 RCS-BIK(3、4)
・ハイディ用 RCS-HDB(2)
・アンジェリーノシリーズ用 RCS-S1
・ルラビー DX2 RCS-LD4 ※1
・ルラビー DX RCS-LD3 ※1
・ルラビー RCS-LD2 ※1
・キューティーキッズ RCS-LD1 ※1
※1 ヘッドレストを下げて使用する必要がある





・ギュットアニーズ・ギュット用
NCD404S、NCD405S、NCD406S
・ギュットシリーズ・ギュットアニーズ用
NCD353S、NCD354S、NCD356S、NCD381AS、NCD403S 等
・ギュットシリーズ用
NCD330S、NCD332S、NCD333S、NCD335S、NCD337S、NCD355S、NCD366S、NCD367S、NCD368S、NCD369S、NCD370S、NCD371S、NCD372S、NCD382AS、NCD383AS~387AS、NCD402S 等
・ギュット クルームリヤシート(専用別売りオプション推奨) ※2
NCD451S、NCD452S
※2 標準装備部品のみでは、ヘッドレストを最も高く設定する必要があり、シートベルト高さの調節もできなくなる。また、標準装備のサンシェードとの併用不可


・PASシリーズ用
Q5K-OGG-209-252
Q5K-OGG-208-804
Q5K-OGG-208-811
Q5K-OGG-208-828
Q5K-OGG-208-835
Q5K-OGG-208-842
Q5K-OGG-208-859
RBC-007DX(DXS、DX2、DX3)
・PASシリーズ用 ※3
Q5K-YSK-051-E26
Q5K-YSK-051-E27
Q5K-YSK-051-610
Q5K-OGG-208-101
Q5K-OGG-208-118
Q5K-OGG-208-125
Q5K-OGG-208-132
Q5K-OGG-208-200
Q5K-OGG-208-491
※3 取り付けると、ヘッドレストを一定以上高くすることができなくなる
・PAS Babby un RBC-017DX(DX2)グランディア(別売りオプション必要)





・ふらっか~ずシリーズ用
RBC-015DX
RBC-015DXS
RBC-015DX2
RBC-015DX3
RBC-007DX(DXS、DX2、DX3)
・ふらっか~ずシリーズ用 ※4
RBC-001DX
RBC-001DXS
RBC-001DX2
RBC-001DX3
※4 取り付けると、ヘッドレストを一定以上高くすることができなくなる
O
G
K
・RBC-010DX(DXS、DX3)
・RBC-015DX
・RBC-015DXS
・RBC-015DX2
・RBC-015DX3
・RBC-011DX
・RBC-011DS
・RBC-011D2
・RBC-011D3
・RBC-010S(S2、S3)
・RBC-009DX(DXS、DX2、DX3、DXF3)
・RBC-007DX(DXS、DX2、DX3)
・RBC-009S(S2・S3・F3・B2)(別売りオプション必要)
・RBC-009K(別売りオプション必要)








・hamax Smily
・hamax Siesta
・Yepp maxi EASYFIT
・Yepp maxi
※Thule Yepp Nexxt maxiは不可
・あさひRDXチャイルドシート KN-RP2
・Bilby CFS
・Bilby QST
・Koolah CFS
・Koolah QST
・BOODIE CFS
・BOODIE RMS FF
・Guppy MAXI CFS(別売りオプション必要)
・Guppy MAXI FFS(別売りオプション必要)
・Wallaroo CFS(別売りオプション必要)
・Wallaroo QST(別売りオプション必要)
・hamax Kiss(別売りオプション必要)
・hamax Sleepy(別売りオプション必要)



・Bobike maxi City
・Bobike maxi +
・Bobike maxi Tour
・Bobike Junior
・hamax Caress
・hamax Zenith
・あさひ後ろ用チャイルドシートDX
・OGK技研RBC-006N
・OGK技研RBC-016DX

ネットでは楽天でのみ販売を行っています↓

リトルキディーズ後ろ用の取扱店

リトルキディーズレインカバー後ろ用は、正規販売代理店で購入することができます。

お店があるのは、宮城県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、兵庫県、広島県、福岡県、佐賀県、鹿児島県です。

具体的なお店の場所については以下の一覧をご覧ください。

リトルキディーズ正規販売代理店一覧

ただ、ある程度の地域にはあるんですが、全国を網羅しているとは言えません。

なので、近くにない場合はネット通販を利用しましょう。

ちなみにリトルキディーズは楽天にのみ出店していて、他のネット通販では購入できません。

特に注意したいのは、アマゾンやメルカリ、オークションなどで転売されている商品。

それらの商品は初期不良を含む一切のメーカー保証はついていないので注意して下さい。

ネットで購入するときは、正規販売代理店であるリトルキディーズ楽天市場店を利用するようにしましょう!

まとめ

大人気のリトルキディーズレインカバー後ろ用を紹介しました。

少々値段は高めではあるものの、この商品の一番良いところは、「子供が喜んで乗ってくれる」というところにあると思います。

子供がだだをこねずに乗ってくれて、子供の表情も良く見えるので、運転するお父さん・お母さんも安心という、双方にメリットがあるんですよね。

作りもしっかりしていて長く使えますし、満足度が高いというのも納得の商品です!

ラボクルと迷ったらこちらの記事もどうぞ↓

関連記事

ブログランキング

ポチっと応援よろしくお願いします^^




にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村